ジェイ・ストームとSHOWROOM 資本業務提携。ジェイ・ストームの総合エンターテインメント力 × SHOWROOMの総合IT力 。上記の組み合わせにより、スマホ時代の新動画メディア開発へ着手

SHOWROOM株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:前田裕二、以下「SHOWROOM」)は、株式会社ジェイ・ストーム(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤島ジュリー景子、以下「ジェイ・ストーム」)と、資本業務提携を締結したことを発表します。

従来の「バーチャルジャニーズプロジェクト」(以下、VJP)に加えて、本資本業務提携により、ジェイ・ストームが持つ総合エンターテインメント力及びコンテンツへの洞察と、SHOWROOMが持つ総合IT力及びデジタル領域への洞察を組み合わせて新規事業を創出、インターネット時代における新エンターテインメントを切り拓きます。

〇ジェイ・ストームとの資本業務提携に関する概要:
今回の資本業務提携により、VJPをはじめとしたデジタル市場向けのコンテンツ共創によって、ジェイ・ストームが放つエンターテインメントの魅力の波及力を広げて参るのと同時に、全く新しい動画メディアの開発にも取り組んで参ります。ジェイ・ストームが持つジャニーズの強力なコンテンツ力及びエンターテインメント領域における深い知見と、SHOWROOMが持つプロダクト開発力及びデジタル領域における深い知見を掛け合わせることで、これまでになかったような新しい感動体験価値の創出を目指して参りたいと考えております。

〇これまでの取り組みについて:
2019年2月にJohnny’s×SHOWROOM「バーチャルジャニーズプロジェクト」を開始し、ジャニーズ初のバーチャルキャラクターとして海堂⾶⿃(かいどうあすか)と苺⾕星空(いちごやかなた)の『あすかな(ASCANA)』を共同開発致し、該当キャラクターによるSHOWROOM配信は配信中にTwitterトレンド上位に頻繁に入り、世界トレンド⼊りも果たしました。10月にYouTube上に公開したMVは僅か一ヶ月強で再生数200万回を越えるなど、大きな盛り上がりを見せています。引き続き両社の強みを掛け合わせて、業界をリードするような新しいデジタルコンテンツの開発を共同で進めて参ります。

ニュース一覧へ