ニュースNEWS

「VRoid Studio」 × 「SHOWROOM」 VRoid初の共同事業『AVATAR2.0』を開始



株式会社TWIN PLANET(本社:東京都渋谷区、代表取締役:矢嶋 健二、以下「ツインプラネット」)、ピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國枝 信吾)、SHOWROOM株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:前田 裕二)はこのたび、ピクシブが2018年7月にリリースした人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを簡単に作成できるキャラクターメイカー「VRoid Studio(ブイロイド・スタジオ)」初の共同事業となる、人気イラストレーターとライブ配信者/声優を掛け合わせた新しいバーチャルタレントを輩出していくプロジェクト『AVATAR2.0』を開始いたします。

■「AVATAR2.0」事業概要
本事業は、ピクシブが2018年7月にリリースした人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを簡単に作成できるキャラクターメイカー「VRoid Studio」初のコラボレーション事業として、ツインプラネット・ピクシブ・SHOWROOMの3社が共同で、バーチャルタレントのデザイン、ライブ配信者/声優の育成、公開配信まで一貫しておこなうプロジェクトです。3社が持つ強みを掛け合わせ新IPを創出していきます。
ツインプラネットはこれまでSHOWROOM上で数々の人気配信者を発掘・育成してきた実績を活かし、ライブ配信者/声優のマネージメントを担当。ピクシブがイラストレーターと共に「VRoid Studio」でこれまで平面上にしか表現されていなかったキャラクターを3D空間上で立体化。生み出された新3DキャラクターたちはSHOWROOMの新アプリ「SHOWROOM V」(※1)で仮想ライブ空間「SHOWROOM」(※2)にアップロードされ、Virtual SHOWROOMERとして配信していきます。
また、本事業により、従来3Dキャラクターを1体製作・運営するためにかかっていた年間数百万~数千万円のコストが大幅に軽減され、3Dキャラクターを誰でも気軽に創作・配信することが可能になります。

■「VRoid Studio」の活用による、3Dキャラクターの創出領域の拡大
「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」を理念とするピクシブは、誰もが自分のキャラクターを持ち、キャラクターを使った作品作りやVR/AR空間でのコミュニケーションを楽しめる世界の実現を目指す「VRoidプロジェクト」を始動しました。その中核となる「VRoid Studio」は、直感的に操作でき、クリエイターが既に持っているお絵かきのテクニックを最大限に発揮できる3Dキャラクターメイカーです。
『AVATAR2.0』では、イラストレーターとライブ配信者/声優が共にバーチャルタレントを生み出す機会を提供し、これまで一人のクリエイターの力では実現することが難しかったバーチャルタレントの創作を、より手軽に楽しめるものに変えていきます。今回の取り組みを通じて、「VRoid Studio」で3Dコンテンツを創る面白さや可能性を多くのクリエイターに感じていただき、これまでにない魅力的な作品が新たに生み出されることを期待しています。
引き続き、VRoidプロジェクトでは、クリエイターによる3Dコンテンツの創作への挑戦をテクノロジーの力で応援するさまざまな取り組みを行ってまいります。

VRoid Studio公式サイト
https://vroid.pixiv.net/

(※1)手軽にバーチャルタレントとしてSHOWROOMで配信出来るiPhone向けアプリ(Androidアプリも年内リリース予定)。初期リリースでは、VRM形式に対応しており、VRM形式のファイルを読み込んで利用が可能になります。

(※2)仮想ライブ空間の中で、無料で誰でもライブ配信&視聴ができるライブ配信プラットフォーム。地上波テレビの出演やファッション誌でのモデルデビューなど、常時様々なイベントが開催されており、夢を叶えたい人と、それを応援したい人が集まっています。

詳細:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000203.000026205.html

back